印象的な目にしたいなら目を大きくするマッサージを

大きな目はそれだけで顔が印象的になり、憧れる人も多い傾向にあります。

もっとも美容整形やメイクなどで目を大きくする方法もありますが、それだとコストやリスクの心配もありますし、その場しのぎだったりして簡単な方法とは言いにくいのが現状です。

しかしマッサージならば、誰でも簡単に実施することが可能です。そもそも目を大きくするマッサージの場合、自分で実施するのでコストの心配はありませんし、手術のような恐さや後遺症などのリスクや、メイクほどの手間や時間がかかるといったこともありません。

それゆえに手軽に実行できるというメリットがあり、注目度も高まっています。そんな目を大きくするマッサージですが、実施する前の段階として、まずは手を温めておくことが重要です。

そうすることで血行が良くなるために、リンパの流れを促しやすくなる効果を期待できます。そして肝心の目を大きくするマッサージ方法としては、簡単に言ってしまえば目の周辺にある脂肪をこめかみへ移動させ、それを顔の輪郭を通していっきに下の首筋まで流すといったマッサージ方法です。

これは造顔マッサージの一種であり、その詳細としては眉毛中心部を起点として15秒ほど指でなぞり、まずは目じりに脂肪を流します。それをこめかみに移動させ、今度は下の首筋に流すといった方法です。

ちなみにマッサージの前に蒸しタオルなどを使用して目およびその周辺を温めるとより効果的ですし、マッサージクリームやオイルなどを使用すれば、滑りやすくなるので便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *