目を大きくするマッサージ方法

初めて会う人のどこを一番見ているかと言ったら、顔と答える人が大半です。その顔の中でも、目が第一印象を決めているといっても過言ではありません。

目が小さいことをコンプレックスと感じる人は、目が疲れていて血液やリンパの流れが滞っていたり、乾燥したりむくんでいたりして本来持っている目の大きさよりも小さくなっている可能性があります。

目を大きくするマッサージをすることで、目元がすっきりと美しくなれば、顔の印象を大きく変えてくれることでしょう。まずは目の疲れを取って目を大きくするマッサージの方法ですが、蒸しタオルと冷たいタオルの二種類を用意してください。

目の衛生のためにあらかじめメイクなどは落としておきます。次に蒸しタオルと冷たいタオルを交互に目にのせていきます。この時、どちらのタオルも気持ちが良さがなくなってきたというタイミングで交換します。

最後に血液の流れをよくして、目の周りをすっきりさせるマッサージしていきます。温めた清潔な指に、オイルかクリームをたっぷりつけます。下まぶたの外側の目尻から入って内側の目頭を通り、上まぶたに到達したらそのまま外側に円を描くように指を動かします。

この時に注意することは、あまり力を入れ過ぎないことです。目の周りの皮膚は薄いので、なるべく目のギリギリを避けてマッサージしましょう。目を大きくするマッサージは、蒸しタオルと冷たいタオルを交互にするものとマッサージをそれぞれ3回ずつ行ってください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *