目を大きくマッサージの方法と気を付けること

大きくてぱっちりとした目は多くの人にとって憧れの対象です。

そんな目になりたいと思っていても、美容整形を受けるのは少し不安や抵抗があるという方は少なくないでしょう。そうした方におすすめなのが目を大きくマッサージです。

自分でできるマッサージですので、美容整形より手軽に安心してできるといえます。目を大きくマッサージの方法は、まず目頭をほぐすことからはじめます。洗顔後など皮膚が柔らかくなっている時に、目を閉じて目頭を1分間つまみましょう。

そうすることで、特に目の横幅を広くすることができます。目頭をほぐしたあとに行うのが目を大きくマッサージの要となる目元のマッサージです。これもまた洗顔後などの皮膚が柔らかくなっている時がベストタイミングとなりますが、さらに温タオルなどで5分程度温め、そのあとに冷たいタオルで冷やし、血行をよくしてからはじめると効果が上がります。

準備が終わったら、目の周りを親指で円を描くように軽くほぐしていき、こめかみから顎、鎖骨という流れでスライドさせていきます。鎖骨は顔のむくみを引き起こす老廃物を排出するツボでもあるため、しっかりと鎖骨まで親指を滑らせていくことがポイントです。

目頭と目元の2つのマッサージを繰り返すことで、目を腫れぼったくみせるむくみや目の凝りが解消され、血流がよくなり脂肪も落ちるので、大きくパッチリした目を手にすることができるのです。ただし、一つだけ気を付けなければいけないのが力具合です。

もともと顔の皮膚は薄いので、あまり力強く押してしまうとシミやシワの原因となってしまいます。そうならないためにも力具合には気を付けるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *