クリームバスはインドネシア発祥のヘッドスパ

ヘッドスパにはいろいろな種類がありそれぞれ特徴的です。

クリームバスもその一種で発祥の地はインドネシアです。周辺地域で穫れる野菜や果物、植物をクリーム状にして贅沢に使ったヘッドマッサージの事です。元々は同地域の伝統医学や生命哲学として施術されていたのが改良を重ねて美容の分野になったと言われています。インドネシアでは一般的に行われていますので旅行で訪れるとお店が沢山見つかります。日本でこれを受けたい場合は専門店やマッサージ店、一部の理美容室で行っているところがあります。

クリームバスはシャンプーやクリームを塗った後に手のひらで頭全体を包み込むようなマッサージをさせて浸透させ、それを洗い流し乾燥させる流れですがお店によってはミストをかけたりデコルテや手までマッサージしてくれるところもあり、その施術範囲やサービスによって値段には多少バラツキがあります。クリームバスに使われるものはしっとりと潤う成分をベースに使われており、植物性のオイルや植物エキスをふんだんに使って切るのが特徴です。

頭皮につけるものなのでノンシリコンのものを多用されており、お店によってはオレンジやグレープフルーツなどの柑橘系のフルーツをその場で絞って頭皮に追加してくれるサービスをしてくれるところもあります。またリラックスしたい、ツヤを出したいなど目的によってクリームの配合を変えてくれるところもあります。頭皮や髪の状態に悩みを抱えている場合はその悩みに応じてクリームを選べますので嬉しいポイントです、

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *